• 【営業時間】平日 9時30分から16時
  • 【電話】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645
  • 【メール】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp

ご自身の生活のなかで「オーカム」を体験してみませんか! 人気のAI視覚支援デバイス「オーカム」貸出受付中!

2020年10月16日 お知らせ

オーカムの本体は100円ライターほどの大きさで、重さは約22.5gと軽量、メガネのツルに取り付けて使用します。
本体先端のカメラから、文字、人の顔、モノ、紙幣、色認識などを行い、合成音声で読上げます。
腕時計をしていなくても、腕時計を見るしぐさをすると、日時を知らせるといった機能もあります。
3メートルほど離れた文字や、レストランのメニューなど、いろいろな物を読上げることが可能です。

ラビットでは、約1時間独占して「オーカム」の体験が可能です。
テーブルで紙を読ませるだけではなく、事務所の外に出て、実際に試すことも可能です。
更にラビットでオーカムを体験していただいたお客様のなかで、もう一歩踏み込んで導入をご検討いただけるお客様には、
次の内容でデモ機のお貸し出しを行います。
是非ご自身の生活の中で、便利なオーカムを体験してみませんか?

①ラビットスタッフのもとで、オーカムを体験していただいたお客様(ご来社)
②貸出期間中の故障などを考慮し、購入費用の一部を保証料(頭金)としてご準備いただけるお客様。
デモ機をお試しいただいた後に、導入を見送られたお客様にはきちんと頭金をお戻しいたします。
仮にお試し期間中に落下や接触による破損、浸水などによる修理が発生した場合は、おそれいりますが保証料から充当させていただきます。
なお保証料を超える金額が発生した場合もお客様負担となりますので予めご了承ください。
③保証料金 10万円

以上がデモ機貸出の要件となります。
オーカムは、昨年9月にバージョンし、Bluetoothによる外部機器(ヘッドホン)との接続も可能となりました。

豊島区、新宿区、港区、大田区、江東区では視覚障がい者用読書器として上限198,000円の給付申請が可能です。
また渋谷区、目黒区、中央区、文京区では、活字文書読み上げ装置 99,800円の給付申請が可能です。
導入を検討されているお客様は、お気軽にラビットまでお問い合わせください。

皆様からのお申し込み、お問い合わせをお待ちいたしております。