• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第215号

2020年5月1日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。

STAY HOME週間と重なる今年のゴールデンウィーク。
家で楽しむゴールデンウィークとなりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
せっかくのゴールデンウィークなので、買い物や旅行を楽しんだりしたいところですが、今年は出来るだけ家で過ごさなければなりません。
在宅勤務が進み、すでに家にいるかたも多いかと思いますが、普段なかなか出来なかったことをこの機会におこなってみてはいかがでしょうか?
私は普段出来なかったパソコンの勉強をこの機会に少ししようかと思っております。そして夜はYouTubeでたっぷりと音楽を楽しもうと思っております。
昔、好きだったけど行くことが出来なかった歌手のコンサートや、世界の遠い国でおこなわれたコンサートなどを聴くと、ちょっと贅沢な気分になれます。
皆さまは、どのようにお過ごしになられるのでしょうか?

それでは、今月のラビットクラブ通信をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせは、ラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

ラビットクラブ通信編集担当 木下

今月の目次

(1)今月の話題 「NVDA」
(2)iPhoneあれこれ 「ゆうちょ通帳」アプリ
(3)スタッフこぼれ話 「子供にとって見えないってどんなこと?」
(4)最新技術動向レポート 「WEB会議(ミーティング)アプリ」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 4月からの土曜日営業見合わせのご案内
   2 無料遠隔パソコンサポートについて
   3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題 「NVDA」

このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。

今回は、「NVDA」についてご紹介いたします。

今月からラビットでは、NVDAのサポートをおこないます。
NVDAは、Windows用スクリーンリーダー(音声読み上げソフト)で、多くの皆さまがご利用している高知システム開発のPC-Talkerや、JAWSと同じ種類のソフトウェアです。
NVDAは、オーストラリアの非営利法人 NV Access を中心とするコミュニティが開発をおこなっていて、なんと無料で使うことが出来きます。
NVDAは、通常にコンピュータにインストールして使うことと、USBメモリなどの記憶媒体に作成して、インストールせずに使うこともできます。
NVDAのインストーラーを起動すると「使用許諾契約」の画面が開き、「同意する」のチェックボックスにチェックを付けると、「コンピュータにインストール」と「ポータブル版を作成」と「動作を継続(そのままNVDAを使う)」の3つが選べるようになります。
通常にインストールして使う場合は「コンピュータにインストール」を選択し、USBメモリーなどの記憶媒体にNVDAの環境を作成したい場合は「ポータブル版を作成」を選択します。
インストールせずにそのまま使ってみる場合には「動作を継続」を選択します。
ポータブル版を作成すると、NVDAのプログラムと設定ファイルを一緒に持ち運べるようになり、インストールせずにUSBメモリを挿してNVDAを使うことが出来るようになります。

NVDAを操作するには、NVDA制御キーというものを使います。初期設定ではInsertキーがNVDA制御キーになっていますが、このあたりも含めてNVDAの操作はJAWSの操作に良く似ているところがあります。
Insertキーがないパソコンや、ノートパソコンなどでは、無変換キーや変換キー、EscキーなどをNVDA制御キーに設定することもできます。
インストールしたNVDAを起動するには、Ctrlキー+Altキー+Nキーを押しますが、他のスクリーンリーダーのコマンドとバッティング(同じ)になってしまう場合には、起動キーを変更することもできます。
また、NVDAのメニューは、NVDAキー(Insertなど)+Nキーを押して開くことができ、「キーボード設定」や「音声エンジン」や「音声設定」などさまざまな設定がおこなえます。
そして、NVDAを終了するには、NVDAキー+Qキーを押します。

NVDAは、動作も軽くて手軽に使うことができるスクリーンリーダーです。
このNVDAのサポートを今月からおこないますので、ご興味のあるかたは一度試されてみてはいかがでしょうか?

今回は「NVDA」についてご紹介いたしました。

それでは、次回をお楽しみに!

(2)iPhoneあれこれ 「ゆうちょ通帳」アプリ

今回は、「ゆうちょ通帳」アプリについてご紹介いたします。

先日、ゆうちょ銀行から「重要 ゆうちょダイレクト残高照会アプリのサービス提供終了について」というメールが届きました。
これから段階的にサービスを終了していき、10月1日以降はログインできなくなるとのことで、今後は「ゆうちょ通帳」アプリをお使いくださいとのことでした。
「ゆうちょダイレクト残高照会」アプリは、ゆうちょ銀行の残高や入出金明細などを確認することが出来るだけの簡単なアプリでしたが、それなりに時々便利に使っていました。
しかし、今後利用できなくなるとのことなので、そこで早速、案内のあった「ゆうちょ通帳」アプリをApp Storeから入手して試してみることにしました。
「ゆうちょ通帳」アプリを起動すると、最初にこのアプリの紹介画面が4ページあります。
4ページ目に「OK」のボタンがあり、そこをダブルタップすると、「利用規約」の画面になります。
利用規約画面の右下下部に「同意する」のボタンがありますので、そこをダブルタップすると、続けて「口座情報」の画面になります。
この口座情報画面では、「通帳の記号番号」「姓(全角カタカナ)」「名(全角カタカナ)」「生年月日」を入れる項目が並んでいます。
「1234」と読み上げるテキストフィールドには、通帳の記号番号の記号(5桁)の数字を、次の「00123451」と読み上げるテキストフィールドには、通帳の記号番号の番号(最大8桁)の数字を入力します。
「ユウチョ(全角カナ)」と読み上げるテキストフィールドには苗字を、次の「ハナコ(全角カナ)」と読み上げるテキストフィールドには名を、それぞれ全角カタカナで入力します。
「1995年1月1日」と読み上げるテキストフィールドは、「西暦」「月」「日」がそれぞれピッカー項目になっていますので、それぞれの項目を1本指で上下にスワイプして生年月日を設定します。
すべての入力が終わったら、画面下部中央にある「OK」をダブルタップします。
続いて「ご本人様確認」の画面になりますので、画面中央にある「キャッシュカード暗証番号」のセキュリティ保護されたテキストフィールドにキャッシュカードの暗証番号を入力し、その下にある「電話番号のご確認に進む」のリンクをダブルタップします。
続いて「電話番号のご確認」の画面になりますので、画面中央にある「電話を受ける」のリンクをダブルタップします。
「次の番号に電話をお掛けします。~」という確認の画面になりますので、「OK」ボタンをダブルタップします。
すると、スマートフォンに電話がかかってきますので、電話を受けると確認コードを2回アナウンスしてくれて電話が自動的に切れます。
「ご本人様確認コード」の入力画面になりますので、画面中央にある「ご本人様確認コード」のセキュリティ保護されたテキストフィールドに、アナウンスされた確認コードを入力し、その下にある「OK」のリンクをダブルタップします。
すると、「パスコード入力」の画面になりますので、お好きな4桁のパスコードを入力します。ここで入力したパスコードが「ゆうちょ通帳」アプリの起動時のパスワードになります。
続いて、「パスコード再入力」の画面になりますので、先ほど決めたパスコードを再入力します。
Touch IDを利用している場合は「Touch IDを利用しますか?」の確認画面になりますので、Touch IDでアプリを起動したい場合は「OK」のボタンを、Touch IDを利用しない場合は「利用しない」のボタンをダブルタップします。
最後に、「使いかたをチェック!」の確認画面になりますので、「今すぐチェック」または「後で」のいずれかをダブルタップします。
これで、ようやく「ゆうちょ通帳」アプリの設定が完了です。
ゆうちょ通帳アプリをダブルタップして、Touch ID、または設定したパスコードでアプリを起動すると、最初に現在の預金残高が表示されます。
画面下部には、左から「現在高」「明細」「グラフ」のタブが並んでいますが、アプリを起動時は「現在高」のタブが選択されていて、「現在高」の画面になっています。
「明細」タブをダブルタップすると、「明細」の画面に切り替わり、今月の入出金の履歴が新しい順に表示されます。前月や前々月、入金のみ出金のみなど表示は設定で切り替えることができます。
「グラフ」タブをダブルタップすると、入金、出金、月末残高のボタンがあり、それぞれを項目がグラフで表示されます。

この「ゆうちょ通帳」アプリは、振込、送金などは出来ないようですが、簡単に現在の残高や、入出金の明細を確認するのには便利かもしれません。
ご興味のあるかたは、お試ししてみてはいかがでしょうか。

今回は「ゆうちょ通帳」アプリについてご紹介いたしました。

それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話 「子供にとって見えないってどんなこと?」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「子供にとって見えないってどんなこと?」

初めてこのコーナーで書かせていただくK.Oです。私の子供たちが小さかった時の見えない私とのやりとりをちょっと書かせていただきます。

★おしりにぺたん★
私が流しでお皿を洗っていたとき、「保育園でかっこいい飛行機作ったんだよ、ほら、見てー」と5歳の息子が言いました。
手が泡だらけだったので、息子の方を向いて「わあかっこいいねー」と見たふりをすると、「見てナイサー」と私のおしりにぺたんとくっつけました。
かあさんは体のどこかに触ることが見るってことなんだとちいさいながらに分かっていたんですね。

★園長先生の禅問答★
息子を保育園に迎えに行くと、他のお友達が「友喜のおかあさん、目見えないの?」「そうだよ、見えないんだよ」というと目の前に指を出して「これ見えるー?」「見えないなあ」とそんなやりとりを見ていた園長先生が、「友喜のお母さんは心の目で見ているんだよ」と言いました。
すると、その子が「園長先生、心ってなんね?」と尋ねました。3歳児に心とは何ぞやとの問いにとっさに答えられない園長先生でした。

★桃太郎★
「母さんこれ読んで」と息子が絵本をもってきました。
墨字の絵本だったので、「これなんの絵本?」と聞くと、「ももたろう」と言うので、ももたろうならストーリーはわかるから適当に話せばいいかと思い、本を開いて見せながら「むかあし、むかあし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました・・・」と読んでいるふりをしていると、子供が本を180度ひっくり返しました。
そうです、上下を反対に持って話していたんです。

子供は純粋に見えないことを受け止めているので、おもしろかったですよ。
ではでは、またお目にかかる日まで。

今回は「子供にとって見えないってどんなこと?」についてご紹介いたしました。

次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート 「WEB会議(ミーティング)アプリ」

このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「WEB会議(ミーティング)アプリ」

緊急事態宣言が発令されてから、家にいる時間が多くなりましたが、家にいながらインターネットを利用して友人たちとコミュニケーションを取ったり、オンラインで会社のミーティングをしたりするときに注目を集めるようになったのが、WEB会議アプリ、ミーティングアプリなどと言われているアプリです。
その中でも特に注目を集めて利用者が多くなっているのが「Zoom」というアプリで、先日ラビットでもこのZoomを使って初めてのオンラインセミナーを開催しました。
パソコンやスマートフォンから比較的簡単に接続することが出来きるので、すでにご利用されているかたもいるのではないでしょうか?
複数人が、WEB会議、オンラインミーティングに参加できるので、家にいながら友人たちと会話をしたり、会社の会議をしたり、今の時代に欠かすことが出来ないアプリになりつつあります。
最近のノートパソコンは、WEBカメラと内臓マイクが搭載されている機種がほとんどなので、特に機材を揃える必要がなく手軽に始められるのも人気が出ている理由かもしれません。
Zoomは、参加できる人数や、利用できる時間や機能などの違いにより、「基本」、「プロ」、「ビジネス」、「企業」というようにアカウントが分かれています。
この中で無料で利用できるのは、「基本」のアカウントで、1対1のミーディングは時間無制限で利用でき、100人までのグループミーティングは40分まで利用可能です。
このようなWEB会議、オンラインミーティングアプリは、Zoomの他にもさまざまな会社から開発されています。
有名なものでは、Googleの「Google Meet」、Microsoftの「Teams」、Skypeの「Meet Now」、Facebookの「Messenger Rooms」などがあります。
これらのアプリは、まだ日本では利用できないものもありますが、今後このようなアプリがもっと便利に使いやすくなって、家にいる生活がもっと快適になっていけばいいですね。

今回は「WEB会議(ミーティング)アプリ」についてご紹介いたしました。

それでは次回をお楽しみに

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 土曜日営業見合わせのご案内
2 無料遠隔パソコンサポートについて
3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 土曜日営業見合わせのご案内

 ラビットでは、新型コロナウイルスの感染防止対策と、都内の移動自粛要請を受けまして、事態終息の目途が立つまでの間、土曜日営業を見合わせることになりました。
皆様には、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
これに伴い、土曜日のラビットクラブ会員専用電話の受付も見合わせさせていただきます。
なお、平日のお電話の受付時間につきましても、引き続き短縮営業となります。
皆様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
詳しくは、後述する「3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて」のお知らせをご確認ください。

2 無料遠隔パソコンサポートについて

遠隔サポートとは、インターネットで弊社とお客様のパソコンを接続し、弊社のパソコンからお客様のパソコンを操作するサービスです。
どんな遠い地域にお住まいでもご自宅に居ながら、費用をかけずに皆様のパソコンの調整をすることができます。
ソフトのインストール、パソコンの調子が悪いなど無料で遠隔操作によるサポートを行ないます。
ラビット倶楽部に入会していれば、遠い地域のかたでも、出張サポート無しでラビットのサポートを受けることができます。
遠隔サポートをご希望のかたは、随時受付いたしておりますので、ラビットまでご連絡ください。
(お誕生日月であれば、パソコンに異常がなくても、遠隔サポートを受けていただく事が可能です。宜しければ、ご予約ください)

3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを実施いたしております。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない時などにご活用いただければ幸いです。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-5804-1771
お電話いただくと、メッセージが聞こえます。
メッセージの後で自動的に録音が始まります。
お名前、折り返しお電話番号、用件をメッセージとしてお話いただき、終わりましたら、受話器をおいて電話をお切りください。
24時間受付いたしております。
営業時間内のボイスメールに関しましては、その日のうちにラビットスタッフがお電話させていただきます。
営業時間外のボイスメールサービスに関しましては、翌営業日にラビットスタッフからお電話させていただきます。
緊急なサポートに関しましては、「ラビットクラブ専用緊急サポート電話」をご利用ください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時30分から午後4時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時30分から午後4時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話(荒川携帯)
TEL.050-5586-8822
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス
TEL.050-5804-1771
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第215号を終わります。

発行日:令和2年5月1日