エクセルマクロにチャレンジ 第7回「ループ」を使った判定処理 | ラビット

  • 【営業時間】平日 9時30分から16時
  • 【電話】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645
  • 【メール】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp

エクセルマクロにチャレンジ 第7回「ループ」を使った判定処理

2017年2月1日 ラビット倶楽部オンデマンド放送

今回は第5回と第6回を組み合わせた処理を学習しましょう。

A列:氏名
B列:点数
C列:結果

このような表があります。

人数は10人でA2からA11まで名前と点数が書かれています。
そして、C列の結果にマクロで値をセットしたいと思います。

ポイント
ループの開始の数値はいくつにするのか?
ループの終了の数値はいくつにするのか?
IF分をどのように記述するとよいのか?
合格、落第の値のセットはどのようにするとよいのか?

この4つのポイントを考えてみましょう。
新しいことは1つもありません。

すべて第5回と6回の内容の応用で行うことが可能です。

実際のマクロブックとマクロのテキストは下記からダウンロードしてください。

マクロのソースファイル(テキスト形式)

マクロのファイル(エクセル形式)

2月1日の放送を再生する

 

以上