• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第164号

2016年2月1日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
寒さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか?
インフルエンザなど注意が必要です。プロ野球のキャンプが始まり、春もそこまで来ていると信じながら、春の訪れを待つことにいたしましょう。
それでは、今月のラビットクラブ通信をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「Office2016」
(2)アラカルト「人名辞典」
(3)スタッフこぼれ話「LDL」
(4)最新技術動向レポート「HTTP/2」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 ラビットクラブオフ会について
   2 ラビット倶楽部会員様限定セミナー「PC-Talkerの今後の展望」配信開始
   3 お誕生月のパソコン調整について
   4 ラビットクラブ会費のお支払い方法について
   5 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「Office2016」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「Office2016」についてご紹介いたします。

 Windows10に続き、Officeも2013から2016が発表されました。
Officeというのは、Word・Excel・Outlookなどをまとめたソフトの事です。
入っているソフトによって、「パーソナル」や「ホーム&ビジネス」など複雑なエディションが用意されています。
通常、個人でお使いになる場合、Word・Excel・Outlookの三つが一つになったパーソナアルエディションか、これに加えてパワーポイントを利用するホーム&ビジネスエディションをご利用になるのが一般的だと思います。
Office2016では、パッケージ版に加えて「Office365」という商品も登場しました。
パッケージ版というのは、最初に代金を支払って購入すると、インストールしたOfficeは永久的に使うことができるタイプのソフトです。
これに対して365版は、毎年代金を支払って利用するソフトです。
パッケージ版は2台までインストール可能、365版は5台までインストール可能です。
金額はオープン価格なので、差はあると思いますが、大凡3年以内であれば、365版がお得です。それ以上、長く使う場合にはパッケージ版がお得です。
Office2013の頃と比較して、大きな機能の差はありませんが、スマホやタブレットでも使えるように工夫されています。
Office2013をご利用になられている方であれば、2016へ移行しやすいと思います。
現在はCDやDVDで提供されないため、インストールなどは難しくなっていますが、これからパソコンやタブレットを購入すると、パッケージ版や365版のOffice2016が入っている場合があると思います。

今回は「Office2016」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(2)アラカルト「人名辞典」

 パソコン用語の解説やホームページのご紹介など、パソコンやスマホの話題を中心にお届けするコーナーです。
今回は「人名辞典」についてご紹介いたします。

 面白いホームページを見つけましたのでご紹介いたします。
ウィキペディアのように詳細な事までは分かりませんが、有名な人の人名が載っているホームページです。

人名辞典
http://www.jinmei.info/index.php

ジャンル別、年代別など、検索の仕方がいろいろあるようです。
今月の誕生日・命日などのリンクも用意されています。
どんな人が載っているか見るだけでも面白いと思います。
宜しければご覧ください。

今回は「人名辞典」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「LDL」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「LDL」

土屋 勝義

突然ですが、学生の頃から動脈硬化の危険因子とされるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が少し高いねぇと医師に言われ続けてきました。
会社の健康診断では、毎年のように数値が右肩上がり、昨年ついに200に達し、判定もEランクを頂戴しました。お陰様で、ありがとうございます。
ちなみにAランクの正常値は120未満。
プラス80ぐらい、まだまだ大丈夫と思っていましたが、このまま増えると本当に危ないですよ!という先生からのお話。
そこまでおっしゃるなら、これはいよいよ まずいのかなということで、ネット等で調べていたところ、テレビショッピングで「特保飲料○○カットゼロ」の告知を発見。
毎月 代引き5000円と高めですが、食事のときに飲めばよいという手軽さに負けて半年ほど飲み続け、いよいよ先月その成果を期待して健康診断に望みました。
しかし結果は190、マイナス10と、たったの5%しか減っていませんでした。
期待値は25%減の150だったのですが見事に裏切られ、早速 定期購買を停止しました。私のお金を返して…。
気持ちを切り替え、代休(平日)に、最寄りの循環器内科に足を運び、健康診断のEランク表をお見せし、これまでの経緯をかいつまんで先生にお伝え。
そんな話はどうでもよいかのように、先生は「あんなの飲んでも効かない効かない」と一蹴。
私はテレビショッピングのなかで、某医科大学の先生がこれは効きますよと統計グラフのフリップを持って紹介していたのを思い出しながら、苦笑い。
私には効かなかったのでしょう。
食事で改善できるのは2割だから、どう頑張っても基準値には下がらないよ、後は薬だねと先生のお話し。
ジェネリック医薬品を処方してもらい、1日1錠 28日分で1,000円ちょっとの薬を飲み始めています。
驚きの安さですね。
これで効果があれば○○カットゼロは何だったんだろうと考えてしまいます。
ちなみに○○には、LDLの後ろのカタカナ2文字が入ります。
やはり、市販の薬は値段が高くて効果薄なのでしょうか。
以上こぼれ話ではなく、ぼやき話でした。
失礼いたしました。

今回は「LDL」についてお届けいたしました。
次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「HTTP/2」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「HTTP/2」

今回は、「HTTP/2」をご紹介します。

みなさんがよく利用されているインターネットでは、Webページを表示しようとする場合にネットリーダーなどのWebブラウザとネットワーク上のWebサーバーと呼ばれるパソコンとさまざまなデータをやり取りします。
パソコン同士のデータのやり取りの際に使われる通信上の約束ごとのことをProtocol(プロトコル)といいますが、この中でWebブラウザとWebサーバの間でWebコンテンツの送受信に用いられる通信プロトコルをHTTP(HyperText Transfer Protocol)といいます。
インターネットの高速化と共にこの通信プロトコルのHTTPもHTTP/0.9、HTTP/1.0、HTTP/1.1、そして昨年の2015年にHTTP/2へと改訂され進化してきました。
通信プロトコルがHTTP/2になることで主に下記のような利点があります。
HTTP/2は、GoogleがWebの高速化を目的に開発したSPDY(スピーディー)というプロトコルがベースとなっていて従来のHTTP/1.1より通信が高速化されています。
通常Webサイトを表示する場合にはまずネットリーダーなどのブラウザとWebサイト側がTCPコネクション(通信路を定めること)をします。
そしてラウザがWebサーバー側にこのページを表示してほしいというリクエスト(要求)し、それに対してWebサーバー側はレスポンス(返信)します。
ブラウザがWebサイトの表示に必要なコンテンツを全て受け取るとWebサイトが表示されます。
このときHTTP/1.1の場合は1つのTCPコネクションに1つのリクエストとレスポンスしか処理できませんでしたが、HTTP/2では1つのTCPコネクションに複数のリクエストとレスポンスが処理できるようになるのでWebサイトの表示速度が向上します。
またHTTP/1.1では、テキスト形式のプロトコルでしたが、HTTP/2からバイナリ形式のプロトコルになりました。
テキストは私たちが読んで理解できる文字ですが、バイナリはパソコンが理解できる10000011001011などのような数字が並んだマシン語と呼ばれるものです。
HTTP/1.1ではテキストで送られてきたものをバイナリへとデータを解析する時間が必要でしたが、HTTP/2では始めからバイナリでデータを送信するためデータ解析する時間(オーバーヘッド)が減るのでこれによってもWebサイトの表示速度が向上します。
さらにバイナリは軽量なうえシンプルなのでエラーなども起きにくくセキュリティも向上すると言われています。

このようにインターネットを閲覧している裏で活躍しているProtocolですが、HTTP/2になって非常に大きく進化します。
ただHTTP/2でWebサイトを表示するにはブラウザ側とWebサーバー側の両方がHTTP/2に対応している必要がありますので普及にはもう少し時間がかかるようです。

今回は「HTTP/2」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 ラビットクラブオフ会について
2 ラビット倶楽部会員様限定セミナー「PC-Talkerの今後の展望」配信開始
3 お誕生月のパソコン調整について
4 ラビットクラブ会費のお支払い方法について
5 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブオフ会について

 本年も「ラビットクラブオフ会」を開催いたします。
「オフ会」というのは、日頃、インターネットなどで知り合った人たちが実際に集まって何か行なう事を言います。
今回はラビットクラブ会員とラビットのスタッフが集まるオフ会を企画いたしました。
日程は4月29日(金曜日 祝日)です。
具体的な内容、集合場所、会費などにつきましては、詳細が決まり次第、ご連絡いたします。
その後、参加者のお申し込み受付を開始いたします。
今から予定を明けてお待ちください!
皆様のご参加をお待ちいたしております。

2 オンデマンド配信開始!

昨年の10月1日より、ラビットクラブに新たなサービスが新登場!
ラビットクラブ会員専用ホームページ内にパソコンやスマホの簡単な操作を解説した番組が新登場!
「ラビットオンデマンド」

30分程度でお届けする番組です。

既にラビットオンデマンドは新コンテンツをぞくぞく配信中。お楽しみに!
どんな番組が飛び出すかお楽しみに!

今回は、1月22日(金曜日)に行われたラビット倶楽部会員様限定セミナー「PC-Talkerの今後の展望」を配信いたします。
現在、技術サポートを担当されている高知システム開発の松岡様をラビットにお迎えし、PC-Talkerを始めとする各種ソフトの現状や今後の展望などについて講演をいただきました。
会員専用ページからログインしてお聞きください。

ラビット倶楽部

3 お誕生月のパソコン調整について

 ラビットクラブ会員特典の一つ「お誕生月のパソコン調整」の受付を随時行なっております。
2月生まれの方はラビットまでご連絡ください。
遠隔サポートの日程を決めた上でパソコンの調整を無料で行ないます。
気になる所があれば、予めご連絡ください。
そちらも合わせて調整させていただきます。
無料でのパソコン調整は、お誕生月内で1回とさせていただいております。
予めご了承の上、どしどしお申し込みください。
皆様からのご連絡をお待ちいたしております。

4 ラビットクラブ会費のお支払い方法について

 10月1日より、ラビットクラブ会費のお支払い方法が変更となりましたので、お知らせいたします。
現在、ご入会いただいております会員の皆様で、4月に更新されました皆様は、2016年3月までの会費をご納入いただいております。
10月1日より、3月までの年度契約によるお支払い方法を廃止し、随時、年間払いまたは月々払いいただけるようになりました。
来年4月以降のお支払いにつきまして、月々払いに変更されたい方は、ラビットまでお申し出ください。
月々払いは、自動引き落としのみでの受付とさせていただきます。月々払いは、毎月3,024円(年間36,288円)をご指定の口座から引き落としさせていただきます。
お申し出いただきました皆様には、自動引き落としのお申し込みに関する書類をお送りさせていただきます。必要事項をご記入の上、ラビットまでご返送ください。
また、年間支払いの自動引き落としも行なっております。
現在、振込用紙にて会費をご納入いただいております会員の皆様で、口座からの自動引き落としに変更されたい方もお申し出ください。
来年の3月に、同じくご指定の口座から年会費32,400円をお引き落としさせていただきます。
こちらもお申し込み書類をお送りさせていただきます。
今まで通りで宜しければ、変更はございません。
また、4月更新の会員様には更新のご案内を送付させていただいておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

5 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

 日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを実施いたしております。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない時などにご活用いただければ幸いです。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-5804-1771
お電話いただくと、メッセージが聞こえます。
メッセージの後で自動的に録音が始まります。
お名前、折り返しお電話番号、用件をメッセージとしてお話いただき、終わりましたら、受話器をおいて電話をお切りください。
24時間受付いたしております。
営業時間内のボイスメールに関しましては、その日のうちにラビットスタッフがお電話させていただきます。
営業時間外のボイスメールサービスに関しましては、翌営業日にラビットスタッフからお電話させていただきます。
緊急なサポートに関しましては、「ラビットクラブ専用緊急サポート電話」をご利用ください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話(荒川携帯)
TEL.050-5586-8822(2015年6月に変更となりました)
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-5804-1771
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第164号を終わります。
発行日:平成28年2月1日