• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第159号

2015年9月1日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
ようやく暑さも一段落。これから過ごしやすい日が続くと良いのですが、台風なども続けてきており、まだまだ予断を許さない日が続きそうです。
自然の力には逆らうことはできませんが、外出時などにはご注意ください。
それでは、今月のラビットクラブ通信をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「Windows10の音声化」
(2)アラカルト「パソコン用語解説ホームページ」
(3)スタッフこぼれ話「ヘッドホン」
(4)最新技術動向レポート「音楽配信サービス」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「Windows10の音声化」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「Windows10の音声化」についてご紹介いたします。

 7月末に新しいOS「Windows10」が発表されました。皆様のパソコンでも「Windows10を入手」というメッセージが出ていたのではないでしょうか?
こちらもWindows7やWindows8のように、各種音声化ソフトが使えるようになる見込です。
ただし、今すぐとはいきません。
したがって、音声化ソフトがWindows10に対応してからでないと、Windows10に乗り換えするのは、難しい状況です。
Windows10にも「ナレーター」という音声化機能は付いていますが、音声化ソフトに比べると、読まない部分が多いようです。
PC-Talker、FocusTalk、JAWSいずれも、現段階ではWindows10対応はできていません。
また、どこまでキー操作できるのか、楽しみでもあり、不安でもあります。
パソコンユーザーにもタブレットやスマホのユーザーにも満足してもらえるOSを目指したというのがマイクロソフトの売り文句ですが、果たしてパソコンユーザーとしては、どう活用できるのか見守りたいところです。
ホームページを見るソフト(ブラウザと言います)も、IE(インターネットエクスプローラ)からエッジに変わります。このソフトの使い勝手も気になります。
これから少しずつ明らかになるキー操作でのWindows10と音声化ソフトの読み上げ具合で、また楽しみが一つ増えそうです。

今回は「Windows10の音声化」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(2)アラカルト「パソコン用語解説ホームページ」

 パソコン用語の解説やホームページのご紹介など、パソコンやスマホの話題を中心にお届けするコーナーです。
今回は「パソコン用語解説ホームページ」についてご紹介いたします。

 何回か取り上げていますが、初心者向けのパソコン用語解説をしているホームページをご紹介いたします。
単語を見てみると、確かに使っていても意味が分からない、分かりにくい単語が多いことに気づきます。
皆様もご参考にしてみてはいかがでしょうか?

パソコン用語解説 パソコン初心者講座
http://www.pc-master.jp/words/

タブキーを押していくと、用語のリンクがあります。
ここでエンターキーを押すと、用語を説明しているページが開きます。
後はネットリーダーなどであれば、下矢印キーで内容を読むことができます。
そこから更に関連した用語解説にもジャンプできるようになっています。

今回は「パソコン用語解説ホームページ」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「ヘッドホン」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「ヘッドホン」

木下 良一

先日、家で愛用しているヘッドホンが壊れたので、ヘッドホンを見に秋葉原のヨドバシカメラに出かけてきました。
私は音楽を聴くのが趣味というか好きなのですが、家では大きな音を出して聴けない、大きな音を出すと怒られるので、いつもヘッドホンをして大人しく聴いています。
大体はうるさい音楽を聴いているのですが、好きな音楽をヘッドホンをして大音量で聴いているとストレス発散にもなります。
これにビールなどをを飲みながらだと、これがまた音の聴こえ方が違ってくるというか、どんなヘッドホンでも自然なハイレゾ?という感覚になれます。
家で愛用していたヘッドホンはSONYのMDR-CD900STというもので、レコーディングスタジオなどでもよく使われている定番のものです。
このヘッドホンを初めて使ったとき、今まで聴こえていなかった音が聴こえたのに、ものすごく感動しました。
壊れたりくたびれたりすると、その度に買い替えて長年愛用してきました。
ヘッドホンによって本当に音がまったく違いますが、このヘッドホンは、少し音が固い(ジャリジャリしてる)という方もいますが、原音を忠実に再現してクセのない素直な音を聴かせてくれます。
ヨドバシカメラのヘッドホンコーナーには、Bluetooth対応やハイレゾ(高解像度)対応のものなど様々な物が並んでいましたが、有線でオーバーヘッド型(頭から被る)普通のタイプに絞っていくつか試しました。
自分の持参したスマホなどの携帯プレイヤーに接続して試聴することが出来るようになっています。
中にはビックリするくらい高価な物もありますが、手頃な価格のものでいつくか試した中では、audio-technicaのATH-M50xや、Bose QuietComfort25、AKGのK545BLKなど、なかなかいいなと思ったものはありました。
ひと通り試してからの帰り道、だけどきっとまた、同じSONYのものを買うだろうなぁ、という気がしました。
新しいヘッドホンが買えるめどがつくまで、取り敢えずはビールの力で自然なハイレゾ?で音楽を楽しもうと思います。
ヘッドホンの購入を現在考えていたり、今後購入する時には、ぜひ一度試してみていただきたい、そんなおすすめのヘッドホンです。

次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「音楽配信サービス」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「音楽配信サービス」

今回は、「音楽配信サービス」をご紹介します。

最近、さまざまな大手企業が音楽配信サービスをスタートさせているようです。今回はそれについて書きたいと思います。
これまで、音楽はCDを購入したり、レンタルしたCDからパソコンや携帯プレイヤーなどに取り込んで楽しんでいる方が多いのではないでしょうか?
音楽配信サービスは、、定額料金を払い、ネットワーク上から、さまざまな楽曲が効き放題になるというサービスです。
日本での定額制の音楽配信サービスで有名なところでは、2006年にスタートした「Napster」や、2012年にスタートしたソニーの「Music Unlimited」などがありました。
しかし残念ながら、どちらも現在ではサービスを終了してしまっています。
しかし今年になって「Apple Music」や「LINE MUSIC」、「AWA」など、大手の定額制の音楽配信サービスが次々と登場してきています。
スマートフォンなどの普及によって、より手軽に音楽を聴くことが出来るようになってきたことも関係があるようです。
現在、定額制の音楽配信サービスは、音楽レーベル系の会社が提供するものと、キャリア(携帯電話会社)が提供するものの2種類があります。
音楽レーベル系のもので代表的なものは、Apple社が提供している「Apple Music」、SNSアプリで有名なLINEが提供している「LINE MUSIC」、avexとサイバーエージェントが提供している「AWA」などがあります。
キャリアが提供するもので代表的なものは、NTTドコモが提供している「dヒッツ powered by レコチョク」、KDDIが提供している「うたパス」などがあります。
キャリア系のものは、2012年からサービス開始と、比較的早い段階から提供されていて、音楽レーベル系のものは今年からのサービス開始のところが多いようです。
それぞれの特徴としては、「Apple Music」は、洋楽・インディーズを中心に楽曲数は数千万曲と非常に多く、月額利用料は個人プラン980円/ファミリープラン1,480円となっています。
「LINE MUSIC」は、J-POP、K-POPなどを中心に楽曲数は150万曲以上で、月額利用料はプレミアムプラン1,000円/ベーシックプラン500円/学割300円となっています。
「AWA」は、J-POP、洋楽を中心に楽曲数は数百万曲と多く、月額利用料はプレミアムプラン1,080円/ライトプラン360円となっています。
「dヒッツ powered by レコチョク」は、J-POP、歌謡曲、アニソンなどを中心に楽曲数は200万曲以上、月額利用料は540円となっています。
「うたパス」は、J-POPを中心に楽曲数は200万曲以上、月額利用料は324円となっています。
楽曲の配信形式には「ラジオ型」と「オンデマンド型」というものがあります。
ラジオ型は、配信サービス側が用意するジャンルなどカテゴリーで分けられたチャンネルを選択して流れてくる音楽を聴くスタイルで、曲の選択など制限されますが配信曲数は多いのが特徴です。
オンデマンド型は、目的のアーティストや楽曲を検索・選択して楽しむスタイルで、配信曲数などに制限があるのが特徴です。
ラジオ型に対応しているのは、「うたパス」と「AWA」のライトプランで、オンデマンド型に対応しているのは、「LINE MUSIC」と「AWA」のプレミアムプランです。
ラジオ型、オンデマンド型のどちらにも対応しているのは、「Apple Music」と「dヒッツ powered by レコチョク」となっています。
全体的にラジオ型のほうが月額料金は比較的安く、オンデマンド型は月額1000円前後というものが多いようです。

スマートフォンや携帯プレイヤーなどの容量を気にせず、さまざまな音楽を聴くことが出来る音楽配信サービス。
これからは、CDやデータを所有せず、ネットワーク上のライブラリから音楽を楽しむ、なんてことがことが当たり前のようになるかもしれません。
※今回ご紹介した内容は8月末時点のサービス内容ですので、これらの内容は今後変更されることもありますのでご了承ください。

今回は「音楽配信サービス」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

 日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを実施いたしております。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない時などにご活用いただければ幸いです。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-5804-1771
お電話いただくと、メッセージが聞こえます。
メッセージの後で自動的に録音が始まります。
お名前、折り返しお電話番号、用件をメッセージとしてお話いただき、終わりましたら、受話器をおいて電話をお切りください。
24時間受付いたしております。
営業時間内のボイスメールに関しましては、その日のうちにラビットスタッフがお電話させていただきます。
営業時間外のボイスメールサービスに関しましては、翌営業日にラビットスタッフからお電話させていただきます。
緊急なサポートに関しましては、「ラビットクラブ専用緊急サポート電話」をご利用ください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話(荒川携帯)
TEL.050-5586-8822(2015年6月に変更となりました)
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-5804-1771
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第159号を終わります。
発行日:平成27年9月1日