• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第156号

2015年6月1日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
これから梅雨入り。梅雨の前から夏のような暑さですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
洋服も布団も何を着て良いのか分からない季節。季節の変わり目です。
風邪などひかれませんようにお体をご自愛ください。
それでは、今月のラビットクラブ通信をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「タックタッチ」
(2)アラカルト「天気用語集ホームページ」
(3)スタッフこぼれ話「亀戸散策」
(4)最新技術動向レポート「USB PD(USB Power Delivery)」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「タックタッチ」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「タックタッチ」についてご紹介いたします。

 「タックタッチ」は、アラーム機能、タイマー機能が付いた振動式時計です。腕時計型とストラップ型の二機種があります。
すべての操作を振動で行ないます。音声は一切出ませんし、ディスプレイ表示などもありません。
小さなボタンが三つあり、時のボタン、10分のボタン、1分のボタンの三つです。
3時12分の場合、時のボタンを押すと、短い振動が3回起こります。10分のボタンを押すと、短い振動が1回起こります。分のボタンを押すと、短い振動が2回起こります。
短い振動は、0回から4回の振動で知らせます。
長い振動1回が数字の5を現します。
7時50分の場合、時のボタンを押すと、長い振動の1回に続けて、短い振動が2回起こります。10分のボタンを押すと、長い振動が1回だけ起こります。分のボタンを押すと何も振動しません。
このように、それぞれのボタンを押す事で時刻を知ることができます。
時刻合わせや、アラーム時刻の設定は、それぞれのボタンを長く押したり、二つのボタンを同時に長く押す事で時刻設定モードに入り、時刻を合わせることができます。
アラームの場合には、セットした時刻になると、振動が始まります。
タイマー機能は、時間をセットします。
例えば、10分とセットします。すると、10分後に振動で時間がたったことをお知らせしてくれます。
腕時計型は、通常の腕時計の文字盤部分が振動するようにできています。ゴム製のベルトが付いており、交換はできません。ベルトのバックル部分が磁石になっており、ベルトが繋がるようになっています。
ストラップ型は、SDカードを少し分厚くしたような形の部分が振動します。これにひもが付いています。

腕時計型 : 13,824円(税込)
ストラップ型 : 12,960円(税込)

盲聾の方はもちろん、触読式や音声式の時計で不満を感じておられる方、新しい商品に興味のある方にはお勧めの商品です。

今回は「タックタッチ」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(2)アラカルト「天気用語集ホームページ

 パソコン用語の解説やホームページのご紹介など、パソコンやスマホの話題を中心にお届けするコーナーです。
今回は「天気用語集ホームページ」についてご紹介いたします。

 ちょっと変わり種のホームページを見つけましたので、ご紹介いたします。
天気予報などをラジオやテレビで見たり聞いたりしていると、ときどき分からない用語が出てきます。
そんなお天気に関する用語を調べられるホームページです。

天気用語集 – goo天気
http://weather.goo.ne.jp/term/

下矢印キーなどで読んでいくと、あ い う え おのように頭文字で検索できるようになっています。
更に、この50音の後には、
風、雷、環境、観測、気圧、気象情報、季節、雲、警報・注意報、災害、前線、台風、天気、波、その他
のようにテーマ別でも検索できるようになっています。
何気なく聞いている天気予報ですが、意味を知って聞くと、またお天気予報が違った視点で楽しめるかもしれませんね。

今回は「天気用語集ホームページ」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「亀戸散策」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「亀戸散策」

5月のゴールデンウェークの終わりに亀戸天神の藤まつりに出かけてきました。
毎年4月下旬から5月の連休あたりまで行われていて、最終日に行ってきました。
亀戸天神は、東京一の藤の名所と言われていて、境内には100株以上の藤の花があるそうです。
亀戸駅からバスも出ていますが、天気が良かったので歩いて行くことにしました。

亀戸天神に到着すると、たくさんの露店が出ていて予想通りかなりの人で賑わっていました。
満開の藤棚を期待して境内に入ると、なんと藤の花が全て散ってしまっていてまったくありませんでした。
もう少し早く、4月のうちに来ないとダメだったなぁと、ガッカリしましたが、取り敢えず境内をひとまわりすることにしました。
境内を出て、すぐ近くにはくず餅が有名な老舗和菓子屋の船橋屋がありますが、そこには寄らずに帰りはバスで亀戸駅まで戻ることにしました。
亀戸駅に着き、何か食べて帰ろうということになり、有名な餃子屋さん、亀戸餃子に行くことにしました。
お店の前に着くと、休日ということもあり、すでに20人くらい並んでいましたが、このお店は回転が早いので、そのまま最後尾に並んで待つことにしました。
ここは、名前の通り餃子しかない本格的?な行列の絶えないお店で、餃子以外は、ビールや中国酒、ソフトドリンクなどの飲み物しかありません。
お店の中は、左にカウンター席が一回りあってその中で大きな鉄鍋で餃子を焼いています。右には座敷の席がいくつかあり、詰め込んで40人くらいが入れる小さなお店です。
順番がきてお店の中に入りカウンター席に着くと、まず店員のおばさまが、からしをこんもり盛った餃子のタレの小皿が出し、飲み物の注文を聞いてきます。
ビールを注文し、ビールが出てきてすぐに今度はメインの皿に盛られた5個の餃子が出てきます。
ひとり必ず餃子2皿以上注文するという決まりがあるので、3から4個食べたあたりで2皿目が黙っていても出てきます。
2皿目の餃子を食べていると、「もう一枚いく?」とおばさまがすかさず声をかけてきます。
それにうなずき追加を注文すると、すぐに新しいお皿の餃子を持ってきて、残りの餃子をその新しいお皿に移して、新しいお皿を重ねていきます。
おじさんが大きな鉄鍋で常に焼いていているので、焼きたての餃子がすぐにでてきます。どのお客さんの前にも餃子の皿がどんどん積まれていきます。
肝心の餃子の味はというと、皮が薄く小ぶりな餃子で、野菜のたくさん入ったさっぱりした餃子です。
からしをつけると何となくシュウマイみたいな味になるので、私はからしはすべて払いのけて、酢と醤油とラー油を好みに調合して食べます。
2人で餃子10皿とビール1本を完食し、おばさまから追加注文を促される前に「ごちそうさまでした」と声をかけ、会計して店を出ました。
焼かない持ち帰りの餃子も販売していて、仕込んだ餃子がなくなり次第、閉店となります。

あいにく藤の花は見れませんでしたが、ビールと餃子でお腹が膨らんで、満足した亀戸散策でした。

今回は「亀戸散策」についてお届けいたしました。
次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「USB PD(USB Power Delivery)」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「USB PD(USB Power Delivery)」

今回は、「USB PD(USB Power Delivery)」をご紹介します。

「USB PD」は、USB規格の追加仕様として策定された大容量給電などを可能にするUSBの新しい仕様です。
USBは、キーボードやマウス、プリンタ、点字ディスプレイ、USBメモリーなど、パソコンを中心に幅広く利用されているインターフェースで、皆様もよくご利用されていると思います。
このおなじみのUSBの新しい仕様が「USB PD」です。
以前このコーナーでもご紹介しました「USB Type-C」という新しいコネクタに実装して、大電力の給電や、DisplayPortやHDMIといったデジタル通信までUSBケーブル1本で、できるようになります。
「USB Type-C」は、現在主流のUSB3.0やUSB2.0などと違い、少し小さくリバーシブルなコネクタとなっていて、現在のUSBのように表・裏を気にすることなく抜き挿しができます。

この「USB PD」のすぐれた機能は、まずUSBケーブルで最大100Wくらいの電力供給が可能になることです。
現在のUSB規格でも、7.5Wくらいの電力をUSBケーブルで供給できますが、「USB PD」では100Wくらいの電力供給が可能になるそうです。
パソコンやプリンタ、電話機、デイジー機器など、私たちの周りには、たくさんのACアダプタであふれています。
「USB PD」でACアダプタの汎用化が進み、何でも給電できるACアダプタが実現し、すべての機器を1つのACアダプタで給電可能なんてことになるかもしれません。
もうひとつのすぐれた機能は、USBケーブルのマルチユース化です。
今までは、ACアダプタ用のケーブル、Displayのケーブル、HDMIのケーブルといった通信規格に応じて、それぞれの専用ケーブルが必要でした。
しかし「USB PD」では、これらの通信規格の違うUSB以外のデジタル通信をUSBケーブル1本で伝送可能になります。
機器に搭載されるコネクタは、「USB PD」を実装した何でもやり取りできる「USB Type-C」ケーブルへと集約されるかもしれません。
最近発売されたノートパソコンの中には、外部端子がヘッドフォンと、この「USB PD」を実装した「USB Type-C」のみということで話題にもなりました。

USBは、現在最も普及している通信インターフェースの1つです。
パソコン、スマートフォンやタブレット、カメラなど、USBのインターフェースを持った機器がたくさんあります。
このおなじみのUSBが、「USB PD」と「Type-C」という次世代規格により大きく進化しようとしています。

今回は「USB PD」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

 日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第156号を終わります。
発行日:平成27年6月1日