• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第153号

2015年3月2日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
少しずつ暖かい日も混じるように、春を期待させる今日このごろ。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
花粉症などで大変な方は、いよいよこれからが本番です。お体をご自愛ください。
それでは、本年度最後の「ラビットクラブ通信」をお届けいたします。
4月からは新たなコーナーなどを考え、お届けしていきたいと思います。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「日常生活用具給付」
(2)パソコン用語あれこれ「オーサリング 【authoring】」
(3)スタッフこぼれ話「おにぎり」
(4)最新技術動向レポート「Spartan(スパルタン)」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 ラビットクラブオフ会について
   2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「日常生活用具給付」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「日常生活用具給付」についてご紹介いたします。

 役所へ、助成金申請して、パソコンソフト・プレクストーク・拡大読書機などを購入する制度があります。
「日常生活用具給付申請制度」です。
以前は、都道府県単位で行なわれていましたが、最近は市区町村単位で給付されるようになりました。
そのため、住民票のある市区町村単位で、認められている商品や、給付限度額で差が出てきています。
「点字ディスプレイ」などは盲聾でなければ、支給しないという自治体もあれば、盲だけでも支給する自治体があります。
また、トレッカーブリーズ、カラリーノ、ハイジ、ビビアンなどの便利グッズや障害物探知機[RAY(レイ)」などが日常生活用具給付対象になっている自治体とそうでない自治体があります。
税金を使って購入するわけですから、無意味に購入するのは、考えるべきだと思いますが、必要に迫られながら、購入できないのもどうかと感じます。
役所の予算は、通常年度ごとに変わります。
3月で1度切れて、4月以後は新予算となるわけです。
日常生活用具給付の運用が見直されるのもこの時期です。
4月以後は、今まで出ていた給付が急に出なくなったり、逆に今まで認められていなかったはずの商品が認められていたりと、一喜一憂する時期でもあります。
「今までと同じ」と考えていると、4月以後で、給付制度の運用が変わる可能性があります。
これからの時期、最寄りの福祉事務所などに、よく確認をしてから、給付申請するのが良いと思います。
また、日常生活用具給付は、所得・用具の耐用年数・障害等級などによっても、申請できる商品とできない商品があります。
パソコンソフト(情報通信支援用具)と拡大読書機では、同じ日常生活用具でもカテゴリーが違うため、別々に申請ができます。
しかし、カセットテープレコーダーとプレクストークは同じカテゴリーとなり、同時に申請はできません。
詳細な内容は、最寄りの自治体の福祉事務所へご確認ください。
賢く、上手に給付申請を利用していきたいものです。

今回は「日常生活用具給付」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(2)パソコン用語あれこれ 「オーサリング 【authoring】」

 パソコン用語やデジタル用語で、気になる用語について取り上げて、簡単に解説するコーナーです。
よく聞くけれど、どういう意味か分からない用語について説明できればと思っています。
今回は「オーサリング 【authoring】」について取り上げてみます。

 「オーサリングソフト」などという言葉を耳にします。しかし、どんな機能を持つソフトの事なのか意味が分からないことがあります。

オーサリング 【authoring】
文字や画像、音声、動画などの要素を組み合わせて一つのソフトウェアやコンテンツ作品を組み立てること。
異なる種類の素材データを組み合わせ、配置や出現順、利用者の操作に対する反応などを設定していく編集作業を意味するが、(従来は必須であった)プログラミング言語やマークアップ言語などによるコードの記述を極力廃し、マウス操作など直感的な方法で作業を進めるという含意がある。
多くの場合、そのような作業に対応した専用のソフトウェアが用いられ、「オーサリングソフト」「オーサリングツール」などと呼ばれる。
多くのツールは上級者が複雑な設定を行うことができるよう、補助的にプログラミングができるようになっていることが多い。

マウスなどを用いて、音声や画像を編集できるソフトなどを「オオサリングソフト」と言います。
パソコン上で文字・画像・音声などを組み合わせて、動画などをできる物作りソフトです。
できあがったコンテンツなどをDVDなどに焼いたりする機能も付いています。コンピュータ言語などを用いて作られるものもこれに当たります。
私たちは、このオーサリングされたソフトなどを利用しています。

今回は「オーサリング 【authoring】」について取り上げました。
それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話 「おにぎり」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「おにぎり」

 会社で楽しみの一つが「お昼ご飯」です。
コンビニで買ってきたり、外食に行ったり、お弁当屋さんのお弁当を食べたりと、人それぞれですが、我が家は、家でたいたご飯にフリカケなどを混ぜて作る「おにぎり」です。
フリカケの味は、そのときどきで変わります。もう一つ変わるのが大きさと塩加減です。
同じご飯とフリカケを使っているのに、なぜか毎日、大きさと味が微妙に違います。
先日、私がトライしてみました。なかなか難しい。ご飯の量は、それらしくなりますが、にぎってみると、1度に手におさまらず、ポロポロとご飯が落ちてしまいます。
これで大きさが違うんだなと思いました。更に塩は少し手につけて調整しますが、これが手にたっぷり付けば辛いし、少なすぎれば、味はしないし…。
更に私が作ったら、形までバラバラ。きれいな形になるのは、難しい。なんて簡単な料理と思っていたのに、こんなに苦労するとは驚きでした。
コンビニのおにぎりは、ちょっと味は濃いですが、形も一定、味も一定。機械が作るとはいえ、すごい事だと感じました。

今回は「おにぎり」についてお届けいたしました。
次回をお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「Spartan(スパルタン)」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「Spartan(スパルタン)」

今回は、「Spartan(スパルタン)」をご紹介します。
「Spartan(スパルタン)」は、Microsoftが開発をしているといわれている新しいブラウザのコードネームです。
Microsoftのブラウザというと、みなさまも良くご存知のIE(Internet Explorer)があります。
この「Spartan(スパルタン)」は、IEに代わる新しいブラウザといわれていて、今年後半の発売が噂されている次期Windows10に搭載されるといわれています。
「Spartan(スパルタン)」という名称は、現時点において単なる開発コードネームなので、実際に登場するときには別の名前の可能性もあります。

「Spartan(スパルタン)」には、新しいユーザーインターフェース(操作上の画面表示様式や操作感))が採用され、レンダリングエンジン(Webページを描画するエンジン)もIEで採用されていた「Trident」ではなく、新しいレンダリングエンジンの「Edge」を搭載するとのことです。
これによって、パフォーマンスも格段に高速化され、スマートフォンやタブレット、パソコンなど、さまざまなプラットフォームにも対応予定です。
主な新機能としては、Webページ上にコメントを手書きしたり、キーボード入力でメモを挿入したりできるWebページへのメモ書き機能。
メモ書きしたWebページの内容は、メールなどでシェアしたり、ストレージデバイスに保存して共有したりすることができます。
また、Appleのブラウザ(Safari)にあるReading Listのように「あとで読む」機能として使えるマルチ端末に対応したリーディングモード機能。
そして広告や特殊なレイアウトなどでWebページが読みにくい場合にムダな要素を省いてすっきりとした表示にしてくれる読書モード機能。
さらに、AppleのSiriのような以前にこのコーナーでもご紹介しましたWindowsの音声アシスタント機能の「Cortana」の統合などがあります。

IEはWindowsの標準ブラウザとして長年にわたり利用されてきましたが、、バグやさまざまなセキュリティ上の不具合などで不評な面もあります。
そうしたマイナスイメージをこの新しいブラウザで払拭したいとの思いも、Microsoftにはあるようです。
実際の機能や仕様は今後変更される可能性もありますし、またおそらくはじめのうちはIEとの共存も考えられます。
今年後半といわれているWindows10と、この新しいブラウザの登場が今から非常に楽しみです。
いずれにしても、スクリーンリーダーで使いやすいものになることを期待したいです。

今回は「Spartan(スパルタン)」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 ラビットクラブオフ会について
2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブオフ会について

 皆さん、お待たせいたしました!
今年も「ラビットクラブオフ会」を開催いたします。
オフ会というのは、メーリングリストなどで知り合った仲間が実際にどこかに集まって会いましょうという会の事です。
ラビットクラブ会員の皆様も、日頃は、お互いに話したり交流する機会がないと思います。
どんな方がいるのか、ラビットスタッフはどんな人なのか、直接会って話ができるチャンスです。
今年のラビットクラブオフ会は、3月21日(土曜日 祝日)に行ないます。
東京都の多摩地区にある「青梅」への日帰り旅行を計画いたしました。
青梅駅周辺を散策後、食事会を計画いたしました。
残念ながら、開催されている「梅祭り」の会場までは往復2時間以上かかるため、スケジュールから省かせていただきました。
会費はお一人様5,000円です。食事代と、1部の博物館の拝観料を含みます。
集合場所までの交通費と、解散後の交通費、1部の博物館の拝観料等は含まれませんので予めご了承ください。
青梅駅10時集合、東青梅駅15時から16時ごろ解散の予定です。
当日は、身体障害者手帳をご持参ください。

主な観光場所と、お食事を予定しているお店の情報が載っているホームページをご紹介いたします。
宜しければご覧ください。

青梅赤塚不二夫会館
http://ome-akatsukafujio-museum.com/index.html

昭和レトロ商品博物館
http://showa-retro.omjk.jp/

昭和幻燈館
http://gentou-kan.omjk.jp/

東青梅駅の「繭蔵(マユグラ)」 (割烹・小料理)

ふだんのごちそう ダイニング&ギャラリー 繭蔵

既に何人かの方から、ご参加のご希望をいただいておりますが、3月13日(金曜日)まで、ご参加を受け付けいたしております。
まだお時間はございますので、お誘い合わせの上、皆様、どしどしお申し込みください。

ラビットスタッフ一同、皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

 日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第153号を終わります。
発行日:平成27年3月2日