• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第152号

2015年2月2日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
寒い日が続いていますが、皆様お元気でしょうか?これから少しずつ春めいた日が増えてくると、うれしいのですが…。
それでは早速、「ラビットクラブ通信」をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「プレクストーク PTN2」
(2)パソコン用語あれこれ「フルHD」
(3)スタッフこぼれ話「健康診断」
(4)最新技術動向レポート「Skype Translator (スカイプ トランスレーター)」
(5)ラビットからのお知らせ
   1 ラビットクラブオフ会について
   2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「プレクストーク PTN2」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「プレクストーク PTN2」についてご紹介いたします。

 プレクストークPTN2は、シナノケンシ製のデイジー再生専用機です。
デイジーCD、音楽CDを入れて、聴くことができます。
録音もできるPTR2という機種もありますが、これに比べると、スピーカーが大きく、聴きやすいのが特徴です。
(スピーカーはモノラルですので、ステレオの音楽を聴くときは、ヘッドホンなどをする必要があります)
CD以外に、SDカードとUSBメモリが接続できるようになっており、CDからSDカードやUSBメモリにバックアップ(コピー)する事は可能です。
PTP1やリンクポケットをお持ちの方であれば、SDカードを、このPTN2に入れて、音楽CDやデイジーCDをバックアップして、PTP1やリンクポケットで楽しむ事もできます。
録音のできるPTR2に比べると、機能が少ない分だけ、操作キーも少なく、操作がシンプルな事も特徴の一つです。
このPTN2ですが、現在、35,000円です。しかし、原材料の高騰などから今年の4月1日から48,000円に値上げされる事が決まりました。
助成金申請が無くても買えそうな金額から、一気に高くなった感があります。
3月末までは、35,000円ですので、ご購入をご検討されておられる方、体験をしてみたい方はお急ぎください。

今回は「プレクストーク PTN2」についてご紹介いたしました。
それでは、次回をお楽しみに!

(2)パソコン用語あれこれ「フルHD」

 パソコン用語やデジタル用語で、気になる用語について取り上げて、簡単に解説するコーナーです。
よく聞くけれど、どういう意味か分からない用語について説明できればと思っています。
今回は「フルHD」について取り上げてみます。

 最近のデジタルテレビやハードディスクレコーダーなどを見ると、この「フルHD」という言葉を耳にします。
また、最近では、拡大読書器でも、この「フルHD」という言葉が入ったモデルが登場して、ちょっとしたブームです。

フルエイチディー
フルHD 【 Full HD 】 FHD/Full High Definition/フルハイビジョン/full hivision
高解像度のデジタルテレビ放送(HDTV)のうち、走査線1080本以上の方式のこと。また、そのような映像を表示できる、1920×1080ピクセルの画面解像度のこと。
デジタルテレビ放送の映像信号には、既存のアナログテレビと同じ走査線525本の方式(SDTV)と、720本、1080本の方式(HDTV)がある。
このうち、最も解像度の高い1080本の方式をフルHDと呼んでいる。大画面テレビやDVD/HDDレコーダーなどでは「フルHD対応」が売り文句の一つとなっている。

昔のテレビなどに比べて画面が明るく見やすいのが特徴です。
明るすぎて見にくいという人もいますが、基本的には、昔よりも色の濃淡や明るさがくっきりしていて見やすいようです。
家のテレビの売り文句に「フルHD」と付いていましたでしょうか?

今回は「フルHD」について取り上げました。
それでは、次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「健康診断」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。

「健康診断」

 先日、「生活習慣予防健康診断」なるものを受けてきました。
毎年の事なのですが、身長、体重、血液検査などがあり、最後に胃のレントゲン(バリュームを飲む検査)です。
この胃のレントゲンが苦手なのです。これがいやで胃カメラを飲む人もいますが、私は胃カメラはまだ未体験で胃のレントゲンばかりです。
発泡剤(炭酸の粉)を飲んだ後、げっぷをがまんしながら飲むバリューム。昔より味がついておいしいのですが、大きな紙コップにいっぱい入っているのを手に持たされるだけで飲む気が失せてしまいます。
自分に叱咤激励して、ゆっくりではありますが、ようやく飲み干すのが何より大変です。
後は「まな板の上の鯉」状態で言われるがままに上を向いたり、下を向いたり、クルクル回ったり…。終わった時の解放感は、やはり良いですね。
以前にバリュームがなかなか出なくて苦労した経験があり、今年は下剤を多くもらい、飲みました。
今年は、例年よりも、スムーズだったかな?
最近は、こうした場所も効率化が進み、結果はその日のうちに聞くことができます。
体重が増えていたので、「ちょっとまずい」と思っていたのですが、最後のありがたいお話しでは、やはり「やせなさい」の一言。すべての数値がちょっとずつ悪くなっていたようです。
なんとかしなくては。
と思いつつ、健康診断の帰り、朝食を食べられなかった反動でたくさん食べてしまいました。だめですね。

今回は「健康診断」についてお届けいたしました。
次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「Skype Translator (スカイプ トランスレーター)」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「Skype Translator」

前々回に引き続きSkype関連の話題ですが、今回は「Skype Translator」をご紹介します。
Skypeは以前もご紹介しましたように、インターネット回線を利用した音声通話ソフトウェアです。
Skypeをインストールしている端末同士で、世界中の人と会話をすることができます。
今回ご紹介する「Skype Translator」は、このSkypeのリアルタイム音声翻訳機能です。

Skype Translatorを使用すると、
こちらの話した言葉がほぼリアルタイムで翻訳され相手に届きます。
相手の話した言葉もほぼリアルタイムに翻訳されこちらに音声出力されます。
また、その通話内容は画面に字幕として表示されます。
このようにSkype Translatorを利用すると、その国の言語を知らなくても、その国の人と会話をすることが出来るようになります。
インターネット上には、英語とスペイン語圏の小学生がスムーズにコミュニケーションを取る体験動画が公開されています。

英語とスペイン語なので、動画を聞いても私にはイマイチよく分かりませんが、単純な会話であればかなり正確に翻訳されているようです。
そして機械学習アルゴリズムというのを使用していて、ユーザーがサービスを使用すればするほど、言語の学習量が増えて機能が向上していく仕組みとなっているようです。

現在Skype Translatorは、プレビュー版が提供されていて、体験できるのはWindows 8.1、Windows 10プレビュー版上だけです。
ただ対応している言語、翻訳できる言語は、英語とスペイン語のみで、現在日本語をはじめ多くの言語には未対応です。
しかし提供しているマイクロソフトは、可能な限り多くの言語とプラットフォームに対応することを目標に開発を続けるとのことで、今後対応する言語も増えていくと思われます。
日本語は語順の違いや、同音異義語などさまざまな理由で機械的に西欧語に翻訳するのは難しいと言われていますが、近い将来日本語対応版が提供されることを期待したいです。

今回は「Skype Translator」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●

1 ラビットクラブオフ会について
2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブオフ会について

 皆さん、お待たせいたしました!
今年も「ラビットクラブオフ会」を開催いたします。
オフ会というのは、メーリングリストなどで知り合った仲間が実際にどこかに集まって会いましょうという会の事です。
ラビットクラブ会員の皆様も、日頃は、お互いに話したり交流する機会が無いと思います。
どんな方がいるのか、ラビットスタッフはどんな人なのか、直接会って話ができるチャンスです。
今年のラビットクラブオフ会は、3月21日(土曜日 祝日)に行ないます。
東京都の多摩地区にある「青梅」への日帰り旅行を計画中です。
青梅は、この時期、梅祭りが開催されており、少し早い春を感じられるのではないでしょうか?
また、駅の近くには、ちょっと懐かしい昭和初期を思わせる博物館や公園もありそうです。
会費はお一人様5,000円程度を予定していますが、確定ではございませんので目安としていただければと思います。
青梅駅集合、青梅駅解散の予定です。
詳細が決まりましたら、改めてご連絡いたします。
上記の情報で参加をご希望の方は、ラビットまでお名前と参加人数をお知らせください。

たくさんのお申し込みをお待ちいたしております。

2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

 日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第152号を終わります。
発行日:平成27年2月2日