• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第145号

2014年7月1日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
梅雨らしくじめじめした日が続く今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ワールドカップサッカーも日本代表がリーグ戦で敗退して、こちらも気分がジメジメです。
スカッとしたお天気になるには、もう少し時間がかかりそうですね。
夏に向けて暑さ対策、湿気対策をしておきたいものです。
それでは早速、「ラビットクラブ通信」をお届けいたします。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「Office2013」
(2)パソコン用語あれこれ「ハイビジョン」
(3)スタッフこぼれ話「ねこ」
(4)最新技術動向レポート「VoLTE」
(5)ラビットからのお知らせ
  1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「Office2013」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「Office2013」についてご紹介いたします。

OfficeはWordやExcelを一つにまとめたビジネスソフトです。
WindowsXPの頃には、Office2000、OfficeXP、Office2003などがありました。
WindowsVistaになり、Office2007、Windows7になり、Office2010、Windows8になりOffice2013と変わってきています。
最近では、Windowsの種類が変わる直前にOfficeが新しくなっています。
現在はOffice2013が最新です。
昔はOfficeがCDで提供されていましたが、今のOffice2013はライセンスキーの書かれた紙だけが販売されていて、インターネットのホームページからダウンロード・インストールを行なうようになっています。
Office2013は、今まで通りの機能はもちろんですが、インターネットの中に文書を保存できたり、インターネット内の文書を開いたりすることを前提に作られています。
名前を付けて保存や開くというメニューがWordやExcelにはあります。
ここでエンターキーを押すと、今までは「ファイル名」とすぐに画面が出ていましたが、Office2013になってから、どこに保存するのか、どこから開くのかを先に選ぶように変わりました。
この保存先や開く先を選ぶ場所の中に「OneDrive」などがあります。
OneDriveというのは、マイクロソフト社が行なっているクラウドサービス(ネットワーク ストレージ サービス)です。
OneDriveはマイクロソフトアカウントを持っていないと利用できませんが、マイクロソフトもドロップボックスやグーグルドライブと同じようにインターネットを利用したサービスを前提にWordやExcelを作りました。
これはパソコンのハードディスクを頼らず、スマホやタブレットなど、ローカルな保存場所を持たない機械を意識した結果だと思います。
これからはローカルな保存場所にファイルやフォルダを置くのではなく、インターネット内にファイルやフォルダを置く時代が来るのでしょうか?
インターネット内にファイルやフォルダを置くためには、一定の時間で消されてしまったり、一定の容量以上は有料だったりと、幾つかの制約があります。
これからどのようになっていくのか分かりませんが、Office2013のようにインターネットを活用することを前提にしたソフトは今後も増えていくのではないかと思います。

今回は「Office2013」についてご紹介いたしました。
次回をお楽しみに!

(2)パソコン用語あれこれ「ハイビジョン」

 パソコン用語やデジタル用語で、気になる用語について取り上げて、簡単に解説するコーナーです。
よく聞くけれど、どういう意味か分からない用語について説明できればと思っています。
今回は「ハイビジョン」について取り上げてみます。

ハイビジョン(HiVision)は、NHK放送技術研究所が開発した「高精細テレビ」の方式の一つです。
「高精細テレビ」の一般名称は海外では「HDTV(High Definition Television)」と呼ばれていて、「ハイビジョン」と呼んでいるのは日本だけです。
テレビの画像や音声を、より細かにして映したり、再生する技術です。
昔のテレビは、画面のアスペクト比(縦横の比率)が3対4でしたが、ハイビジョンでは9対16へとワイドになり臨場感が増しています。
最近のテレビなどは横幅が広がっているのは、このためです。
音声は2/4チャンネルのPCMとなり、こちらも音質がよくなっています。
現在はアナログテレビ放送はないため、デジタルハイビジョンが一般的になっています。
これからも新しい技術でテレビなどがもっと見やすく聞きやすくなっていくのでしょうか?

今回は「ハイビジョン」について取り上げました。
次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「ねこ」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。
今回は木下良一がお届けいたします。

「ねこ」

ラビットの木下です。いつもありがとうございます。

梅雨の真っ只中、天気がすぐれず、外にもあまり出かないで、家にいることが多くなります。
そこで、今回はうちの「ねこ」について書かせていただきます。
うちには今年の2月ごろから、一緒に暮らしているねこがいます。
黒いオスねこで、お中の真ん中だけ少し白く、しっぽは長くまっすぐで、年齢はおそらく2から3歳くらいです。
年齢が分からないのは、もともと野良猫で、ひょんなことから一緒に暮らすようになったからです。
性格は、やんちゃで人懐っこく、とても人間が大好きです。
うちに来た当初から、手をパァーっと開いて爪をむき出しで、抱っこして~と言わんばかりにしがみついてきていました。
最近は、Tシャツなど、着るものが薄くなってきているので、抱きかかえるのも爪が食い込んで大変です。
野良猫だったのにこんなに人懐っこいなんて、きっと小さい時からくる人くる人にご飯をもらって可愛がられたのでしょう。
ただ、鳴き声はニャーと可愛く鳴けず、ゥギャーとガラガラ声で鳴きます。お医者さん曰く、気管が少し悪いとのことです。

どんな物ででも遊ぶのですが、中でも、ビニール袋を丸めたものが大好きで、スーパーのビニールを丸くシバって「ポイ」と投げると、一目散に拾ってきます。
ビニールを出してガザガザと丸める素振りをしただけて、さっとこちらを見て、ダッシュの構えでお尻をフリフリします。
ビニールボールを拾ってくると、パタンと横になって無心にビニールボールに噛り付き、ネコキックの連打を浴びせます。
それを見ていると、もしネズミだったらたまったもんじゃないなぁって思います。
お腹がふっくらパンパンなので、仰向けになってじゃれている姿は、まるでひょうたんかタヌキのようです。
夜は嫌がる布団に入ってきて、枕に顎を乗せてきます。顔が数センチまで接近してきてヒゲが擽ったくて眠れないので抱きかかえて追い出します。
朝は5時前から顔の前で鳴いて顔を近づけてきて起こしにきます。起きないでいると、ひとりで部屋を駆け回り遊んでいます。
また、パソコンをしていると、必ず机に乗ってきて、キーボードの上に乗っかって、画面を塞ぎます。手足でキーを踏みつけて難解な文字を連打しています。

少し前に、スマートフォンのアプリに「人猫語翻訳機」というアプリを見つけたので、早速使ってみました。
録音ボタンを押して話すと、ニャー ウニャー ニャー、という感じで猫語?に翻訳してくれる物です。
何だか怪しい感じのアプリですが、基本的な感情の鳴き声も、最初からいくつか入っています。
実際に聞かせてみると、ビニールボール並みの反応を示して、あちこち鳴き声の主を探していました。

今回は、うちの「ねこ」の話で失礼いたしました。
どうもありがとうございました。

次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「VoLTE」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「VoLTE」

木下 良一

「VoLTE」とは、Voice over LTEの略で、LTEのデータ通信を用いて音声通話を行う技術のことです。
ブイオーエルティーイーや、ボルテなどと呼ばれています。

従来の携帯電話やスマートフォンの通話機能では、固定電話と同じ3Gネットワーク(回線交換方式)が採用されてきました。
LTEに対応しているスマートフォンでインターネットなどを行っていても、音声通話を行う場合には自動的に3Gネットワークに切り替わって従来の回線交換網を経由しています。
このVoLTEは、回線交換網を使わないパケット通信で音声データをやり取りする技術です。
回線を占有して通話する回線交換方式では、1回線につき1通話のみのですが、パケット通信のVoLTEは1回線で複数の通話が可能となります。

このVoLTEを利用した音声通話のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
まず挙げられるのが音声の高音質化です。
従来の音声通話で使う音声周波数が300Hz~3.4kHzであるのに対し、VoLTEでは50Hz~7kHzという幅広い音声周波数を使用します。
これにより、従来と比べて音声がクリアに聞こえるようになります。
また音声通信を行う際に3Gネットワークへ切り替える必要がないため発着信にかかる時間が短くなるなどのメリット、さらに音声通話を行いながらでも高速データ通信が行える、といったような特徴もあります。
皆さんがよく利用されているSkypeや、スマートフォンなどで最近話題のLINEのような無料通話アプリなども音声通話はデータ通信を利用しているので理屈上は同じです。
しかし、VoLTEはキャリアが音声通話用の帯域を確保し優先度の高いクラスで運用されるので、通話アプリでは音声が途切れたり、聞こえづらくなるような状況でも、VoLTEなら安定した高品位な音声通話が行えるようになります。
このようにいいところばかりのVoLTEですが、従来の通話方式とは互換性を持たないため、利用するにはVoLTEに対応した端末間でのみとなります。
VoLTEに対応しない端末との通話は、回線交換に切り替わって行われます。

NTTドコモでは、すでにVoLTE(Voice over LTE)による通話サービスが開始され始めているようです。
VoLTEに対応した端末もぞくぞく登場してくるようで、今後のサービスの広がりが楽しみです。

今回は「VoLTE」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●
1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらない」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第145号を終わります。
発行日:平成26年7月1日