• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第139号

2014年1月6日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、新年明けましておめでとうございます。
皆様は、どのようなお正月をお過ごしになられましたでしょうか?
まだまだ寒い日が続く今日この頃。風邪などひかれませんように、お体をご自愛ください。
皆様から多くの年賀状を頂戴いたしました。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。
それでは今年初めのラビットクラブ通信を始めてまいりましょう。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)年頭にあたって
(2)今月の話題「スマートフォン」
(3)お年玉クイズ
(4)デイジー機器裏技辞典「プレクストークトランスファー」
(5)スタッフこぼれ話「年賀状」
(6)最新技術動向レポート「TransferJet」
(7)ラビットからのお知らせ
  1 ラビットクラブオフ会について
  2 ラビットクラブ更新について
  3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)年頭にあたって

荒川 明宏

 遅ればせながら、改めて新年明けましておめでとうございます。
本年もラビット並びにラビットクラブを宜しくお願いいたします。
今年は人気の高かったWindowsXPのサポートが終了する年です。
すぐに使えなくなるわけではありませんが、これに合わせてXP対応のソフトのサポートはどこのメーカーも3月末で終了という所が多くなっています。
また、世間では、パソコンに代わり、スマホやタブレットと呼ばれる機械が広がりを見せ続けています。どこまで広がりをみせるのか注目していきたいところです。
このスマホやタブレットにも音声環境は着実に広がりをみせつつあります。しかし、それだけでは、使えないのも事実です。
ラビットでは、パソコンだけではなく、こうしたデジタル機器についても、今後注目していきたいと思っています。
本年もラビット並びにラビットクラブをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

(2)今月の話題「スマートフォン」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「スマートフォン」についてご紹介いたします。

 一昨年ぐらいから、一般的に急速に広がりつつあるのが「スマートフォン」と呼ばれている携帯電話機です。
今までの携帯電話は「スマートフォン」に対して「ガラ携」と呼ばれるようになりました。
ガラ携はボタン操作部と画面が分かれており、折りたたみ式などになっていたのに対して、「スマートフォン」はボタン操作部がなく、画面だけがあり、この画面上で操作できるようになっているのが特徴です。
画面は当然つるつるで、どこに何が表示されているのかは分からなくなっています。
しかし、最近では、音声ソフトなどを入れる事で、画面を指先で触れると、表示されている内容を読み上げてくれるようになりました。
ゆっくり指先を動かしていき、「ここ」と思う所でマウスクリックのように指先を使えばそれを選んだことになります。
文字入力方法はスマートフォンや設定により違いますが、パソコンのようにローマ字入力であったり、ガラ携のように数字の所で文字入力したりと様々です。
スマートフォンとガラ携の大きな違いは、携帯独自のホームページを見るのか、パソコンと同じホームページを見るのか、携帯独自のメールを使うか、パソコンと同じメールを使うかなどの違いがあります。
携帯独自のホームページやメールの場合、パソコンで見たり確認する事はできません。
しかし、パソコンと共通してホームページやメールが利用できれば、パソコンがなくても、スマートフォンがあるだけで、ホームページやメールができて、パソコンが必要なくなってきます。
まだまだ操作がしやすいわけではありませんので、すぐに乗り換えるかどうかは検討いただいてからになると思いますが、いずれはスマートフォンに乗り換えという時期はくるのではないかと思います。
ラビットでもITおもちゃばこなどの情報を通じてスマートフォンなどの情報を少しでもお伝えできればと考えています。
本年もラビットから発信する情報にご期待いただければと思います。

今回は「スマートフォン」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(3)お年玉クイズ

今年もやってきました!新春恒例のお年玉クイズ。
今年はどなたに何のプレゼントが当たるのやら。
クイズに答えて、今年最初の運試しをどうぞ。

問題
昨年(2013年)に日本で17番目に登録された世界遺産の山の名前は何でしょう?

ヒント
http://www.nippon.com/ja/features/h00031/

応募期間 : 1月6日(月曜日)~1月18日(土曜日)
メールまたはお電話にて受付いたします。
ご応募の際、お名前、クイズの回答、以下の中のプレゼントからご希望の物をお一つお選びいただき、ご連絡ください。

プレゼントは以下の中からお一つお選びください。
・高級石鹸詰め合わせセット
・的中ニャンコ(おしゃべりするおもちゃ)
・ラビット福袋(ラビットスタッフが持ち寄った物が入ります。中身は開けてのお楽しみ)

まずは応募しないと当たらないこのチャンス!どのプレゼントにするかで当たる確率が変わるかも!
この機会にぜひ挑戦してみてください。
当たり、外れにかかわらず、メールなどで正解と当選者を発表させていただきます。
皆さん奮ってご応募ください。
たくさんのご応募をお待ちいたしております。

(4)デイジー機器裏技辞典「プレクストークトランスファー」

12回に分けてプレクストークなどのデイジー機器の応用操作をご紹介いたします。

今回は「プレクストークトランスファー」についてご紹介いたします。

 「プレクストークトランスファー」はリンクポケットで利用するためのソフトです。
シナノケンシのホームページから無料でインストールできます。
このソフトをインストールして、リンクポケットをパソコンにUSBケーブルで接続します。
「プレクストークトランスファー」を起動すると、新しいポッドキャストや新しいWEBラジオ局を登録する事ができます。
今回はインストールするためのホームページをご紹介いたします。

Plextalk Transfer ダウンロード
http://www.plextalk.com/jp/dw_data/PTP1LINK/PlextalkTransferSetup2_0_0_9J.exe

上記ホームページを開くと、「保存」または「実行」が選べるようになります。
「実行」を選ぶと圧縮を解凍後、インストールが始まります。
タブキーで「次へ」、「実行」、「インストール」などを選んでエンターキーを押していくとインストールが完了します。
リンクポケットをお持ちの方でWEBラジオやポッドキャストにご興味のある方はインストールしてみてはいかがでしょうか?

今回は「プレクストークトランスファー」についてご紹介いたしました。
次回をお楽しみに!

(5)スタッフこぼれ話「年賀状」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。
今回は木下良一がお届けいたします。

「年賀状」

ラビットの木下です。いつもありがとうございます。
今回は、「年賀状」について書かせていただきます。

年末、皆様はパソコンで年賀状の作成をしましたでしょうか?
私はいつも年末ギリギリの12月29日、30日あたりに作成するので、当然元旦には到着しません。
今年もいつものように、ラビットが休みに入ってから作りました。
年賀状は毎年、裏面も宛名面もパソコンで作って、プリンタで印刷するだけの本当に簡単なものです。
自宅のパソコンには、高知システム開発のソフトはインストールされていませんので、アドボイスなどで作成することはできません。
そこで毎年、郵政グループのウェブページ「郵便年賀.jp」からダウンロード出来る「はがきデザインキット」というソフトを使って作成しています。
干支のデザインで作られたいくつものテンプレートがあり、それを使って裏面を作成することができますし、宛名面の作成、印刷まで行うことができます。
私の使っているプリンタは、もう何年も使っているかなり古いものです。
また、ここしばらく使っていなかったので、はたしてちゃんと動くのか少し心配でした。
インクもなくなりかけていたのが分かっていたので、買っておいた予備のインクを箱を開けて机の上に置いておきました。
テンプレートから裏面を選んで宛名面も作成し、後は印刷をするだけというところで、出かける用事ができたので、続きは明日また行うことにしました。

次の日、年賀状の印刷を行おうとしたところ、やはりインク残量が少ないとのメッセージがパソコンに表示されました。
そこで、さっそくインク交換をしようとしたところ、どこを探しても買っておいた予備のインクが見当たりませんでした。
よくよく考えてみたら、今日は年内最後のゴミの日で、朝机の上に散らかっていた物をきれいさっぱりゴミとして出してしまったことに気が付きました。
使っていないインクをゴミとして捨ててしまい、かなりショックでしたが、秋葉原に新しいインクを買いに行って、何とか年賀状の印刷を行いました。
新しいインクで印刷したものの、古いプリンタのせいか、出来栄えは・・・少し残念な感じでした。

今回は「年賀状」についてお届けいたしました。

次回はどのスタッフが登場するかお楽しみに!

(6)最新技術動向レポート「TransferJet」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「TransferJet」

木下 良一

今回は、「TransferJet」をご紹介いたします。

「TransferJet」は、USBケーブルなどを使わずに機器同士をかざすことで、データを転送できる新しい近接無線転送技術です。
屋外でも家の中でも、専用のモジュールが組み込まれた機器同士をタッチするだけで、高速なデータ交換ができます。
ビデオ・カメラをパソコンの上に載せるだけで動画データを転送したり、携帯型オーディオプレイヤーをかざすことで音楽ファイルを転送したりすることを可能となります。
「TransferJet」は、電気信号を送ることで生じる誘導電界という現象を利用したもので、近距離での高効率なデータ伝送を実現しています。
無線周波数は日米欧で免許申請なしに使える4.48GHz帯域を利用していて、実行速度は375Mbpsです。大体USB2.0と同じくらいの速さでデータが送ることが可能となっています。
近距離では高い性能を発揮しながらも、離れると急激に減衰するという特性があり、タッチするとデータ交換ができ、離すと終わるという分かりやすい操作を実現しています。
ちょうど、おサイフケータイや、磁気定期券のような感じです。
無線データ転送技術としては、無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth、携帯電話などで使われている赤外線通信などがありますが、「TransferJet」の特徴は、通信距離はわずか3cm程度と超近接でのやりとりを前提とした通信技術で、他の機器から干渉を受けたり、与えたりすることもないことから従来の無線通信技術と比べてシステムがシンプルになります。
通信距離が短いので、特別な技術を組み込まなくてもデータ漏洩の可能性は低くなり、安全なデータ転送が可能になります。
また、あらかじめ登録した機器とのみ接続するよう設定することも出来るので、見知らぬ人に勝手にデータを取られる心配もありません。
もちろんその設定を解除して、旅行先やパーティなど、いつもと違う人や機器とデータをやり取りすることも可能です。
あえて、データ伝送の距離をあえて3cm以内に設定することで、複雑な設定も省くことができ「タッチするだけ」というシンプルなインターフェイスを実現しています。

現在、この「TransferJet」を使った製品は、ソニーからはデジカメなどが数種類。東芝からはUSBアダプタモジュールなどが発売されています。
かざすだけで、簡単にデータのコピーなど高速なデータ伝送ができる「TransferJet」。今後はさらにさまざまな製品に組み込まれて行く可能性があります。
無線技術がますます発達して、いずれケーブル類などがなくなる時代が来るかもしれません。

今回は「TransferJet」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(7)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●
1 ラビットクラブオフ会について
2 ラビットクラブ更新について
3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブオフ会について

今年もラビットスタッフ及びラビットクラブ会員相互の交流を目的とした「ラビットクラブオフ会」を開催する予定です。
オフ会というのは、メールや電話ではなく、直接会って何かイベントなどを行なう事です。
今回は日帰り旅行を計画中です。
日程は3月30日(日曜日)です。
どこへ行くか、予算はどれくらいになるのか、まだ何も決まっていませんが、ご都合がよろしければ、ぜひ奮ってご参加いただければ幸いです。
まずは第一報をお届けいたしますので、3月30日の予定を空けておいてくださいね。
詳細が決まりましたら、メールなどで改めてご連絡いたします。
お楽しみに!

2 ラビットクラブ更新について

 来年度(2014年4月1日~2015年3月31日)のラビットクラブのご更新についてご案内申し上げます。
本年度に引き続き、フリーダイヤルによる電話サポート、緊急時の電話サポート、メールによるサポートなどをはじめ、ラビットクラブポイントによるお買いものなどの特典はそのままご利用いただけます。
パソコン調整やバックアップ作業などにつきましても一般の方とは別に料金体系を設けております。
パソコンなどをより安心してご利用いただくための特典が満載です。
1月末から2月にかけて、振込用紙またはご案内のお手紙を送付させていただきます。
ご一読の上、ラビットクラブのご更新を賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

3 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらないじゃないか!」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第139号を終わります。
発行日:平成26年1月6日