• 【営業】月曜~金曜(9時30分~16時)
  • 【MAIL】eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
  • 【TEL】03-5292-5644
  • 【FAX】03-5292-5645

ラビットクラブ通信 第137号

2013年10月31日 ラビット倶楽部ニュース

ラビットクラブの皆様、こんにちは。
ようやく秋らしくなってきた今日この頃。紅葉もこれからぐっと進んできそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
本日より「サイトワールド2013」が始まります。スタッフ総出で皆様のお越しをお待ちいたしております。
(手薄ですが、電話サポートも行なっておりますのでご安心ください)
お出かけするには良い季節です。パソコンなどを上手に使って楽しい毎日が過ごせると良いですね。
それではラビットクラブ通信を始めてまいりましょう。

ラビットクラブ通信に関するご意見、ご感想、お問い合わせはラビットまでお寄せください。
メールアドレス
eigyo@rabbit-tokyo.co.jp
電話番号
03-5292-5644

今月の目次

(1)今月の話題「OCRソフト」
(2)デイジー機器裏技辞典「PRSのインストール」
(3)スタッフこぼれ話「ホテルの食べ放題」
(4)最新技術動向レポート「ハイレゾ音源」
(5)ラビットからのお知らせ
  1 ラビットクラブ「無料ご指導デー」
  2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

(1)今月の話題「OCRソフト」

 このコーナーは、気になる話題を取り上げてご紹介していくコーナーです。
今回は「OCRソフト」についてご紹介いたします。

OCRソフトというのは、スキャナなどの上に印刷物を載せて、何が書いてあるのかを読み上げしてくれるソフトの事です。
高知システム開発では「MyRead7」というOCRソフトを発売しています。
この他に「らくらくリーダー2」、「とうくん」などのOCRソフトがあります。
11月にアイフレンズから「とうくん Ver.2」という新しいOCRソフトが発売されます。
操作性や認識力を全面的に見直したとの事で、どのような使い勝手になっているのか、文字の認識の精度はどうなのか、今から楽しみです。
パソコンではありませんが、「よむべえスマイル」や「とうくんライト」など、単体で動くOCR機もあります。
「とうくん Ver2」に合わせて「とうくんライト」もバージョンアップされるのではないかと思います。
12月には「アメディアフェア」もあり、もしかすると「よむべえスマイル」のバージョンアップがあるかもしれません。
何年かに1度、バージョンアップしていくOCRソフト。完璧になる事はありませんが、少しでも進化して印刷物を読みやすくなっていくと良いですね。
現在、開催されている「サイトワールド」のアイフレンズブースで新バージョンの「とうくん」が見られるかもしれません。
詳しいお問い合わせやご注文はラビットまでお願いいたします。

今回は「OCRソフト」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(2)デイジー機器裏技辞典「PRSのインストール」

12回に分けてプレクストークなどのデイジー機器の応用操作をご紹介いたします。
今回は「PRSのインストール」についてご紹介いたします。
「PRS」というのは、「PLEXTALK Recording Software」の略称です。
デイジー図書を編集するためのソフトでパソコンにインストールして利用します。
自分でデイジー図書を作ろうとするとき、ページや見出しを自由に付けたり、セクションやフレーズを思った所で切ったり結合したりする事ができます。
音声ガイドが付いているため、視覚障害者でも利用可能です。
本来は「PRS Pro」という商品を18,900円で購入する必要がありますが、PTR1またはPTR2をお持ちの方であれば、お持ちのPTR1またはPTR2をUSBケーブルでパソコンに接続した上で以下のホームページからPRSをダウンロードしてインストールする事が可能です。

プレクストークのホームページ->ダウンロード/ソフトウェア製品/ファイル一覧
http://www.plextalk.com/jp/download/software.html

ネットリーダーなどでタブキーを押していくと
「PRS製品バンドル版インストーラ」
というリンクがあります。
ここでエンターキーを押します。
その後、タブキーで「ダウンロード」というボタンへ移動してエンターキーを押します。
これでダウンロードが始まります。
PTR1またはPTR2が接続されていれば、「実行」を選んで進めていくとインストールが始まります。
インストールはタブキーで「次へ」と「インストール」を選んでエンターキーを押していくとインストールが始まります。
インストールが完了したら、念のため、パソコンを再起動を行ないます。
再起動後にスタートメニューの中の「すべてのプログラム」の中に「PLEXTALK Recording Software」が見つかればインストールは成功です。
デイジー図書を自分で作ってみたい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回は「PRSのインストール」についてご紹介いたしました。
次回をお楽しみに!

(3)スタッフこぼれ話「ホテルの食べ放題」

ラビットのスタッフが自分の思うがままに書くこのコーナー。
だれが何を書くのやら。スタッフそれぞれの近況やちょっとしたこぼれ話をお聴きください。
今回は稲垣誠がお届けいたします。

「ホテルの食べ放題」

食欲の秋。運動もせずに体に悪いと知りながら、知り合いからもらった優待券で「ホテル」のバイキングに行ってきました。
バイキングといっても、予約が必要で、予め、開始の時間が決められています。
普段、ホテルなどに縁のない私。やや緊張して上の階のバイキングのお店へ。
洋食とは聞いていましたが、テーブルに付くとやはりフォークとナイフ。
「ちょっといやだな」と思っていたら、おはしも用意できるとの事で早速お願いして用意してもらいました。
さすがホテルのサービス。細やかな気配りです。
後は食べるだけ。サラダのようなオードブルから、お肉屋魚などのメインディッシュ、デザートなど、数多く、とてもすべては食べつくせません。
訪れているお客様も多く、賑やかでした。
外食産業が落ち込んでいるという話は聞きますが、この日だけはそんな事を感じさせない食べ放題でした。
おなか一杯で、よたよたしながら、帰途につきました。
また、こんな機会があれば、行ってみたいものです。
この食べ放題に行ってから間もなく、別なホテルで表示の偽装問題がニュースに!
おいしく腹の中に納まった後でしたので、気にはなりませんが、びっくりしました。

今回は「ホテルの食べ放題」についてお届けいたしました。
次回は、どのスタッフが登場するかお楽しみに!

(4)最新技術動向レポート「ハイレゾ音源」

 このコーナーはパソコンやデジタル機器に関する用語や技術についてご紹介いたします。
視覚障害者に直接関係ないものも含まれる事もありますが、世間でどのような話題が出ているのかぜひお読みください。

「ハイレゾ音源」

木下 良一

今回は、「ハイレゾ音源」をご紹介いたします。

 「ハイレゾ音源」とは、現在発売されている通常の音楽CDなどの音源よりも、さらに高音質な音源のことです。
ハイレゾとは、高解像度という意味の英語「High Resolution(ハイレゾリューション)」からきています。
現在、オーディオの世界では、このCDを超える高音質の音源が大変話題を集めています。

具体的にどのくらい高音質なのかといいますと、通常の音楽CDはサンプリング周波数が44.1kHz、量子化ビット数が16bitと定義されているのに対して、
ハイレゾ音源の場合には、サンプリング周波数が96kHzや192kHz、量子化ビット数が24bitなどの音源が主流となっています。
サンプリング周波数とは音の高低の幅を規定するもので、通常のCDの場合は20Hz~20kHz(周波数は1/2まで記録できる)であるのに対して、ハイレゾ音源の場合には、96kHzで48kHz、192kHzで96kHzまでの高域再生が可能となっています。
一般的に、人間の耳が聞き取れる音の周波数は20Hz~20KHz程度といわれていて、ハイレゾ音源は人間の耳が聞き分けられる範囲を超えていることになります。
また、ビット数は音の大小の幅のことで、通常のCDが16bitであるのに対して、ハイレゾ音源の場合には、24bitと情報量が多く、音量の細かさをより再現できるようになります。
ハイレゾ音源は、録音される原曲に近い高音質で、CDでは再生できない空気感、臨場感まで表現する事ができるといわれています。

現在、このハイレゾ音源は光メディアでも提供されていますが、ネット上のコンテンツ配信サービスから音楽データを入手するほうが流行っています。
こうしたハイレゾ音源を提供する音楽配信サイトは国内でもいつくかあり、「e-onkyo music」、「OTOTOY」、「mora」などが、有名なようです。
ハイレゾ音源を再生するには、パソコンで音楽データを入手し、デジタルアナログコンバーターなどを通じてオーディオ機器に出力して再生したり、ハイレゾ音源対応のスマートフォンや携帯型音楽プレーヤーなどを利用します。

最近は、インターネットの普及によって音質を削った圧縮された音にすっかり慣れてしまっています。
人は、こうした可聴域以外の音を、全身の肌や骨など、耳以外でも感じているといわれています。
このハイレゾ音源がもう少し一般的になって、ぜひこのハイレゾ音源を体験したいものです。

今回は「ハイレゾ音源」についてご紹介いたしました。
それでは次回をお楽しみに。

(5)ラビットからのお知らせ

●お知らせの目次●
1 ラビットクラブ「無料ご指導デー」
2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

1 ラビットクラブ「無料ご指導デー」

皆さんお待たせいたしました。
11月30日(土曜日)は第5土曜日です。
第5土曜日はラビットクラブ特典の一つ「ラビットクラブ無料ご指導デー」です。
ご来社でもスカイプでも無料でラビットのご指導を受けていただけるこのチャンス!ぜひお申込みください。
お申し込みの際には、ご来社でのご指導をご希望か、スカイプでのご指導をご希望かをお伝えください。
また、ご指導の内容を明確にお伝えください。
講師のご指定はできません。
応募者が多数の場合には、抽選とさせていただきます。
パソコンやデイジー機器などの操作で日頃疑問に思っていることなど、すっきりと解決できるかも。
お申込み受付期間 : 11月1日(金曜日)から11月18日(月曜日)まで
お申込みいただきました皆様には、抽選の当たり・はずれにかかわらず、全員にご連絡させていただきます。
たくさんのお申し込みをお待ちいたしております。

2 ラビットクラブ会員の電話サポートについて

日頃、皆様から「電話がなかなか繋がらないじゃないか!」といったご意見を多くいただくようになってきております。
おかげさまでご利用いただく人数が増しうれしさの反面、全てのお電話を受けることが困難な状況になりつつあります。
スタッフ一同、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく感じております。
会員の皆様には、営業時間中などでお電話をいただいても繋がらない際にお名前とお電話番号および用件を留守番電話に残していただき、後からラビットスタッフが折り返し電話をかけるサービスを開始する事になりました。
すぐにこちらから折り返しのお電話をするといった対応は難しい状況ではございますが、これは営業時間内に留守番電話で皆様からの大事なご伝言をお預かりし、その日の内にラビットスタッフがその内容に対して着実に折り返しお電話で連絡するというサービスです。
この留守番電話サービスを「ボイスメールサービス」と呼びます。
ラビットクラブ会員専用電話またはラビット代表電話が繋がらない際にご活用いただけます。

「ボイスメールサービス」の利用方法
以下の電話番号におかけいただき、メッセージが聞えた後、発信音が鳴りましたら、お名前、お電話番号、ご用件をお話ください。
TEL.050-3588-7123
メッセージは3分以内でお願いいたします。
メッセージを話し終えましたら、#(シャープ)キーを1回押します。
ここでガイダンスが聞え、
「良ければ1 確認は2 録音し直しは3 取り消しは#」
と聞こえます。
録音メッセージがそれでよければ、数字の1を押します。
「呼び出しコールを行なうには# やめるには0」
と聞こえますので#を押します。
「メールを送りました」
と聞えたら完了です。
お電話の受話器をおいてください。
☆折り返し電話のお時間のご指定やスタッフのご指名は原則として受付できませんので予めご了承ください。
☆営業時間外の受付も行ないますが、翌営業日以後の対応となります。
緊急な電話サポートが必要な方は、「ラビットクラブ緊急サポート電話」をご利用ください。

以下にラビットクラブ会員の皆様にご利用いただけるお電話番号を記載いたします。ご活用ください。

・ラビット代表電話
TEL.03-5292-5644
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付け)
・ラビットクラブ会員専用電話
TEL.0120-987-961
(年末年始・日曜祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで受付。土曜日は午前9時から午後5時まで受付)
・ラビットクラブ会員専用緊急電話
TEL.080-4220-4237
(営業時間外の受付。ただし出られない場合もあります。非通知電話番号は受付いたしませんのでご注意ください)
・ラビットクラブ会員専用ボイスメールサービス(今回の新規サービス分)
TEL.050-3588-7123
(24時間受け付け。ただし、対応は折り返し電話となります。時間指定、スタッフ指定はできません)

今後も皆様へのサービス向上を目指してまいりますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたらラビットまでお問い合わせください。

以上でラビットクラブ通信第137号を終わります。
発行日:平成25年11月1日